精神的に美味しいもの

過去も未来も、1秒前すら捕われず、

今ここだけを充分感じて、ここしか見てない気楽な30代w

こんばんは(。-∀-)ニヒ♪

Asariです。

 

本日は、毎年恒例、Bryant Pk Yogaに参加。

ちょっと寒い曇り空のお天気も、観光客の写メ行為も、マンハッタンの騒音ですら、

愛おしく感じてしまうほど、

私はこの場所、

ブライアントパークでヨガをみんなでするエネルギーが好きです。

 

毎年、夏になるとフリーでやってるヨガイベント。

誰でも、その場で受付して、

いつでも無償で参加できちゃいます。

さすが、ニューヨークは懐でかいです。

 

本日ギリギリ参加のため、スタッフの誘導で、まさかの最前列の空いてるマットへ…

最前列は、

どうみてもヨガする予定でなかったであろう、

スーツ姿でお洒落カジュアルな白人ご夫婦。

手首にサポーター、頭にカチューシャ。ってか、汗止め的なものを巻いてる、

完璧やる気なアジアンヨギーニ(ヨガ女子)

続いて、仕事帰りの私。

そして、かなりFatなスパニッシュ系のママさん…

 

この垣根のない、まとまってない、なんでもOKな感じがいい。

 

体が柔らかくないといけないとか、

やせてなきゃいけないとか、

若くなければとか、

男だからとか、、、

ヨガしかり、ダンスしかり、

そういう事を言ってらっしゃるのをよく見聞きますが、

 

それ、誰が決めたんですが?

それって美味しいんですか?

幸せハッピーにしてくれるんですか?

 

ヨガするのに垣根はないんです。

階級もないのです。

カーストも関係ないと聞いています。

どんな方でも受け入れる。

それがインドのヨガ。

 

ヨガだけに限らず、他の物事に視点をかえても、

「〜ねば、〜でなきゃ」やっちゃいけないみたいな思考行動。

 

私も最近やらなくなったけど(たまにやっちゃうけど)

やらない理由を付けて、やってみたいかもしれないのにやらないのは、

精神的に美味しくないです。

後から、苦みがきますね。

 

少なくとも、

ここで私と並んで最前列でヨガやってる方々は、

「〜ねば、〜でなきゃ」とか、

一切の思考回路を経由せず、

ハートで感じて、

「え?ヨガ?やっちゃう?なんかおもろいかも〜」って、

ノリノリでやってしまってる感じ♪ ( ´艸`)ムプ♪

でなきゃ、

人前にさらされまくる最前列にいこうとしないでしょ?

 

生き生きしためっちゃハイテンションの子供みたいな

エネルギーをバシバシ感じました!

ハートは、精神的に美味しいものを知ってるんですねw

 

だから、今日のヨガはすご〜く楽しかったです。

みんなで一緒に遊んでる感じで、

おもしろくって、

ひとりニヤついてました。

いいエネルギーのシェアをさせてもらったなぁ〜。

 

ブライアントパークのヨガの最前列でニヤついてる人がいたら、

声かけてください。

たぶん私です。

 

Mari Asari